お部屋の扉を引き戸にする

マンションなどの狭い住居の中で引き戸はメリットが多いです。廊下やお部屋の中にドアが占領しません。またリビングと和室などが隣接している場合などで、扉を取り外せば広いスペースに早変わりする事が出来ます。来客の時などに便利です。またお部屋の扉に採用する事で、部屋の中のベッドや家具などの配置も自由度が高くなります。ドアの開け閉めのスペースを考えなくでも済みますので、フルでお部屋を使用する事が出来ます。引き戸の種類も多く、お部屋の雰囲気に合わせて選ぶ事が出来ます。木目調の商品からホワイトの商品、デザインがおしゃれな商品など壁に馴染んだ素材を選ぶ事で、お部屋を広く見せてくれます。また玄関の扉を引き戸にする場合もあります。和風のお家などに多く使用されています。おしゃれで耐久性のある素材のものを玄関の扉として採用する事もあります。

狭い住宅を有効利用するには引き戸効果

もともと日本は引き戸文化でありまして、様々な場面でうまく活用されてきました。むかしは和室の仕切りとして各々の部屋の一面全部をふすまで開け閉めしていました。ふすまをレーンから取り去ると二つの部屋が大きな一つの部屋となり、そうやって空間をカスタマイズしていました。最近の住宅事情では和室よりも洋室が増え、よって開き戸が多くなってきました。しかし引き戸にはほかにもいい点がたくさんあります。開き戸の場合は扉を全開にすると、壁面に扉の巾分の空間が必要になります。したがって、開いたときに扉が収まる場所には家具がおけなくなります。しかし引き戸の場合は線上でスライドしていくので、壁面で無駄になる部分がありません。そのために開き戸よりも多くの家具を置くことができます。そして風によって一気に閉まる心配もありませんので、ペットがいても安心です。

引き戸は高齢者にも優しい仕様

高齢者社会になり住宅事情も徐々に変わりつつあります。開き戸よりも引き戸の有効活用が必要になってきます。開き戸は扉が円を描いて移動していくために、その分の空間を殺すことになります。したがってそのために扉の巾も最小限に抑えなければ効率がよくありません。そうすることによって出入り口が十分にとれない場合があります。高齢者の場合は杖や車いすを使う人いるため、出入り口は十分な広さを取った方がよいでしょう。その場合は建物中を引き戸にした方が当然行き来がしやすくなります。扉を開ける際の動作も、開き戸に比べると簡単です。それと介護の場合では、必ず付添人が付いてどの部屋にも同行します。その場合でも、やはり十分広い出入り口の方がスムーズにいきます。高齢者社会を考えれば、洋室のつくりでも積極的に引き戸を取り入れていくことが大切です。

アルミサッシや網戸はオーダーにも対応します! 会員の方だけに、特別な価格で販売する商品のお得な情報をお届けします。 建具・ドア・建材館では、部屋別・目的別でドアや収納をお選びいただけます。 グループ会社にリフォーム会社があるため、リフォームの知識が豊富です! エクステリア館では、家の印象を決める門扉からウッドデッキまで取り扱っています。 引き戸の交換はリフォームおたすけDIYへ