どの、家庭にも必要な引き戸

日本の古い民間などの建物には、ほとんどが引き戸が採用されています。しかし、最近では、洋風化、欧米化が進んでおり、和室自体が無くなってきて、引き戸が取り除かれてきている、実情があります。奥ゆかしき日本の文化の和室が無くなるというのは、社会的問題、現代社会の課題と言っても過言ではありません。しかし、とうでしょうか。私達はそんな現代に依存されて、和室の無い生活に慣れていませんか。かれが、洋風化、欧米化が進む最大の問題点であります。その問題点を問題点であるという認識もまた、薄れてきています。日本人は奥ゆかしき日本。和室がある、暮引き戸がある、暮らしに戻らなければいけないです。洋風化や欧米化に魅力を感じでいるのであれば、移住しましょう。日本では、家を建てる際には、和室の設置、設置の義務化も必要です。

扉を引き戸にするメリットは

室内の扉には、引き戸、開き戸、折れ戸といった種類があります。引き戸のメリットは、まずは扉を開けた時に扉によって可動域を取られず邪魔にならない、ということが挙げられます。また扉を開けた時には扉が壁の中に納まるため、開放感が得られます。部屋をつなげて部屋の大きさを変えることも可能です。そして、扉を開閉する際の体の動きが少なくて済みます。高齢者や体の不自由な人にも使いやすいといえます。風で勝手に閉まることもなく、開き加減を調整することもできます。逆にデメリットというと、隙間風が入りやすかったり、音が漏れやすいということです。気密性が低いということになります。また、レール部分にゴミが詰まりやすかったり、子どもが扉と収納部分に指を挟みやすいということもあります。そして、扉枠が必要な分、費用が高くなるということもデメリットとなっています。

室内ドアを引き戸にリフォームしましょう

引き戸は開閉式のドアに比べて出入りがラクです。ドアは開閉のために床面積が広く必要になります。引き戸は体をひねる必要もないので車いすでの通行もラクです。バリアフリーにリフォームする際は、ドアもリフォームするのが良いです。床に段差が生じないようにします。どうしても段差が生じる時は、スロープなどを付けます。LDKや寝室、キッチン、お風呂の戸などに使用できます。使い勝手と予算でリフォームを決めます。ドアは風にあおられて急にしまったり、蝶番の部分に指を挟むと大変危険です。リフォームするとその点は解消されますが、戸が重なってしまった時の引き出しにくさ、また勢いよく閉めると指を挟む恐れがあります。引きやすい取っ手、勢いよく閉まらないクローズ機能の付いている戸を選ぶことで解消されます。ドアをリフォームすることで、今まで置けなかった所に家具を置けるようになって、収納を増やすことも出来ます。