工夫次第で魅力的な引き戸

引き戸というとどうしても古いイメージを持ってしまう方も多いでしょうが、実はスペースを有効に利用できるうれしいタイプの扉といえます。ドアのように開くスペースを確保しなければならないとなるとその部分は利用しづらいですが、引き戸なら壁に沿って開閉できるのでスペースの無駄が少なくなります。また、開ける際に進路をふさぐようなことがないので、車いすや体の不自由な方でも比較的通行しやすく、バリアフリーに良く利用される形です。将来的にバリアフリーが必要だと考えているなら、こうしたものを取り入れておくのも一つの方法です。このように扉の形を考えるときは、ぜひ引き戸も選択肢に入れておきましょう。日本古来の魅力のある形だけではなく、洋室に合う形のものも多く出ています。自分の描くインテリアに合ったものを選んでいきましょう。

引き戸のある暮らし。

家を持つ━古くは一国一城の主といわれましたが、現在でも自分の家を持つということは、その言葉の通り大きな夢といえるのではないでしょうか。様々な価値観やスタンスがある中で、おそらくそれぞれの方があたためているこだわりがあることでしょう。ひとつ、お薦めしたいポイントがあります。それは引き戸のある暮らしです。従来の室内扉ですと、開閉の際に場所をとることや、勢いよく開けたら傍に居た人を怪我させてしまった…等、ご経験されていることでしょう。その点、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では、リビング扉が引き戸であると安心ですね。またリフォーム時にも、有効であると考えます。広く大きく開く設計では、車椅子でも楽に通ることができます。長く大切に住み続けたい我が家。快適に過ごせる環境のために、引き戸という選択も視野に入れてみて下さい。

引き戸の玄関で和風な門構え

現代の家屋であまり引き戸は少なくなっている感じが見受けられます。洋室の部屋ばかりが増えているので、マンションなどには和室を敢えて設けていないと言うご家庭もありますし、そうなると必然的に少なくなってくるのもうなずけるのかも知れません。では一軒家などではどうでしょうか。客間としてお座敷は必ず設定されています。襖と引き戸はイコールではありませんが、感覚的にはほとんど同じです。最近では昔ながらの純和風の日本家屋も逆にカッコイイと見直されています。純和風ならとことんそれを追求すべく、玄関は引き戸にするべきです。木目格子の和風の重厚感のある門扉は風格を感じる事が出は来ます。そうです。実はなにかと和を感じられるアイテムの方が、奥が深くて趣があり、一言で言えば渋みがあったりします。ですから、ある程度の年齢を越えたら、和の家を考慮してもいいかも知れません。