日本の家屋は昔は殆ど引き戸でした

ドアには、開き戸と引き戸といったタイプがあると考えます。昔の日本家屋には、引き戸が使われていたケースが多いのではないかと考えます。住宅の様子も変わり、何時のころからか、開き戸といった、ドアが多く使用される様になったように考えます。確か欧米化か進み始めてからではなかったかと思われます。ところが、最近になって、ドアのリフォームする際に、引き戸に変えられる方も多いように見受けられます。これも、一つのバリアフリーになるのではないかと考えます。高齢化が進んだ日本では、車いすに乗られる方も増えて居るように思われます。そうした場合には、開きドアよりも、開くためのスペースも必要なく、車いすでの、出入りも、し易いのではないかと考えられます。その様な事も考慮されて、ニーズがあったのか、専門業者の考えなのかは分かりませんが、少しずつ時代に合わせて変わりつつあると感じます。

住まいの扉を引き戸にするメリット

住まいの扉を引き戸にすることでメリットがたくさん有ります。ドアの場合には、開閉のためにスペースが必要になったり、ドアの開閉の方向等を考えて設置しないと後に生活をする上でとても不便な事になってしまいます。しかし、引き戸にすることで開閉のスペースを確保しなくても大丈夫です。しかも家具等が置けるようになり、収納の為のスペースを確保することができます。それから、部屋との間の扉を引き戸にすることによって、普段は必要なスペースだけで使用することが出来、戸を開けることによって広い空間を作る事が可能になります。大勢の人が集まる時や部屋を広く見せたい時などにもとても重宝します。急な来客時の際でも、戸を閉めるだけでささっと片付けをしたようにきれいな部屋を保つことも可能です。それだけでなく、ドアとは違って開閉の際に音が静かであるという事がメリットと言えます。

最近見直されてきている引き戸の玄関

最近の玄関リフォームに於きまして、見直されてきていますのが日本では昔から一般的だった、交差式を始めとした引き戸です。日本の住宅事情にマッチした、玄関前の省スペース化や、開け閉め出入りの利便性などの面に於きまして、ドアタイプよりも優れているところから、元々はドアタイプの玄関だったものを、引き戸にリフォームすると言う施工例が、密かに増加しているようです。そんな中に於きましても、従来のドアの開口部をそのまま活かして利用し、壁を広げたりする工事の必要がなく、引き戸に交換出来るタイプのリフォームが、人気上昇中で注目されています。このタイプの場合には、そのままの開口部を活かし壁を壊す必要も無い為、費用をリーズナブルに抑える事が可能であるというポイントと、工期が短く必要最小限の工事で済ます事が、可能であるというポイントが、大きなメリットです。